スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コホンコホン

2013.02.22.Fri.20:15
一昨日人ごみにまみれたからかなー。喉の調子が…(´Д`)
うがいが足りなかったかな?
皆さまも、うがい手洗い励行でお気を付けを。

義父がこんなものをはいていたので脱いでもらいました。
DSC_1101.jpg
義母の手作りルームシューズ。
四角いモチーフ8枚をつなげて作れるそうで、帰って検索してみた。あるある。作ってる人いっぱいいた!
冬はもう終盤だけど、、、ヒマな時に編んでみようと思います。
でも今はミステリー小説優先です。

でわまた(・∀・)
スポンサーサイト

8/21 夜はロレート

2013.02.22.Fri.19:53
帰宅後、ティラミスの作り方を伝授してもらう(・∀・)ニャッハー
そしてマルケでの最後の晩餐はピアディーナをご馳走になりました☆
トマトやモッツァレラを巻いて。チャウスコロも思い残すことなく~。

20120821_ultima cena in marche
ティラミス”tiramisù”は、
・tirare→tira(引っ張る)
・mi(私を)
・su(上へ)
から成り、『私を引っ張り上げて』⇒要するに『私を元気づけて』という意味合いがあるそうです。なるほど~!
帰国後挑戦しました。
おいしかったけどねぇ…クリームの生地がゆるゆるになってしまい、凍らせていただくことに(;´д`)トホホ…



夕食後、ロレートへ。
ロレートは二度目ですが、なんと!パイプオルガンのコンサートがあるとのこと!!
こんな機会、なかなかありませんぞぅ♪

20120821_loreto1.jpg
20120821_loreto2.jpg
しかし・・・なんということでしょう。
世界中から巡礼者が訪れるというところで来伊二度目の熱中症の症状が。
たくさんの人が聴きに来られていたし、教会の中に暑さがこもっていたのもあると思うけど。
せっかくのコンサートだったのですが、外に出て涼むことに。
教会のドアは開け放たれていたので、パイプオルガンの音は聞こえてきました。
でもこれは悔やまれるよねぇ。。。
落ち着いた後、回廊を歩いて広場を見下ろしてみたり、ロレートから周りの町を眺めてみたり。未開のロレートを堪能することができました。
あと、ロレート教会のクーポラ、なーんか…かわいらしいんです。海側の道路からも見えるのだー。


つづく

8/21 シローロ~帰り道

2013.02.22.Fri.19:05
帰りの車中、毎度のことながら後部座席で眠ってしまいました…。(ゴメンナサイ)
目を覚ますと、シローロという町。車を置いてから少し上って行きました。

すると・・・・・うぉー!なんという眺めでしょう!!!

カメラの望遠で見てみると、バカンス中であろう人たちが海水浴したりボート漕いだり。
この広場から眺める朝焼けはきっと素晴らしい。絶対に。
そうそう、ここでジェラートをいただきました。
暑さでヘタっていたので、爽やかな味のもの(たしかレモンソルベのような)を(´∀`)


そして帰路。海岸沿いを南下していきます。
20120821_2_車中から
バカンス中の解放感が伝わってきます。


なんという町だったでしょうか。
この海岸で足だけ海水浴しました。
20120821_3_海岸にて
実は、海水浴をすると張り切っていた主人。
ちゃっかり海水パンツなんかも荷物に入っていたのですが、どうも海水浴客の多さに怖気づいた模様。
というわけで、少しだけ気分を味わわせてもらうことに。
夏のアドリア海、気持ちよ過ぎです!!


つづく

8/21 ファブリアーノ

2013.02.18.Mon.15:51
それからファブリアーノという町へ。
観光の前にランチしました(・∀・)

Lucignolo(ルチニョーロ)というレストランで、地元家庭料理屋さんのようなお店だそう。
20120821_fabriano_lucignolo.jpg
写真では店内に人がいないけど、わたしたちが入ってしばらくは賑わっていて、お店の人はとても忙しそうでした。
わたしはラビオリ(こんな大きなラビオリ、初めて見ました!)に。
クリームソースで、ラビオリの中にはキノコやソーセージが入っていました。
めっちゃおいしかったああああ。ごちそうさま(・∀・)


町がピンク色で、かわいらしいファブリアーノ。
製紙で栄えた町だそうです。


バカンス中でお店は閉まっていたのだけど、工房のようなところは開いていました。(∩´∀`)∩ワーイ
ここで義姉の出産祝いに手すきのフォトフレームをゲット。先日持っていったところ、すぐに使ってくれました。
その工房のそばには何やら大きな器具が。製紙用の機械だと思って撮ったけど…単にオリーブオイルの石臼だったりして。


つづく

8/21 フラサッシ鍾乳洞

2013.02.18.Mon.15:05
寒ぅ~な北国から戻りましたが、大阪も冷えこんでいます。
疎かになっていた灼熱のイタリア旅行記に戻って、暖をとろうと思います。


8/21はジェンガというところにあるフラサッシ鍾乳洞へ連れていっていただきました。
なんと!世界で7番目の規模だそうです!!

駐車場からバスに乗り、鍾乳洞入口へ。入場し、進んでいくと空気がひんやりしてきます。

02120821_grotte di frasassi
(画像真ん中:mさん提供)

あいにく洞内での撮影はしておりません。
なんという異次元。。。
故郷の山口にも秋芳洞があるし、規模は違えど驚くことはないだろうと思っておりましたところ、とんでもありませんでした。
暗いはずの洞内が乳白色の世界なのです。それが広く高く(深く!?)続いています。
わたしの乏しいボキャブラリーでは説明できません。(こんな感じ
数々の形作られたもののうち、大きなものなんかのサイズを聞くとさらに驚きです。
そんなに大きいの??と思ってしまったのですが、実際には自分からそのものまで、かなり距離があったみたいです。
対象物がないせいか、どうも目の錯覚が起きていたようですね。ヮ(゚д゚)ォ!

この不思議空間を出る頃には身体も冷えておりました。すぐに解凍したけど(笑)
それにしてもすごいところに連れてきてもらったものです。。。
地球ってすごい。これが地球のごく一部なのかと思うと、
まだまだ見ておかなければならぬところがたくさんある気がしてならないのであります。


つづく

とうとう目覚めてしまった・・・かも

2013.02.17.Sun.16:16
北見での夜、入ったおでん屋さん(すごくおいしかった!)で
義父が燗で頼み、出された根室のお酒。



やばいです。まさかわたしが熱燗で日本酒を飲むことになろうとは・・・!
(もうオッサンじゃん!!!)

適度にアルコールが抜けるのと、熱いので飲み過ぎることもなく、悪酔い予防になるそうだ。
それは真実だった!
そしてこの北の勝さん、とてもまろやかです。
わたしの苦手だった、熱燗をすする時に鼻や喉に来るいかにも日本酒~なにおい、それがいい意味でありません。

というわけで、買って帰ってしまいました(´∀`)
徳利とお猪口が欲しくなりますねぇ………。

二重窓でも

2013.02.17.Sun.14:56
窓が凍る@義実家

北国にて

2013.02.17.Sun.14:51
2/9-10 北見駅前で雪像発見。

イカとハリセンボンです。
旭川より雪は少ないように感じたけど、とにかく寒かったー!


2/10 旭川の冬祭り
20130210_asahikawa.jpg
寒いのと人多いのとであの雪像にのぼるのは断念しました。
氷神輿みてみたかったな~。残念


2/11 さっぽろ雪祭り
20130211_sapporo.jpg
伊勢神話の雪像すごかった!ステージになってます。
他にもいくつかステージが作ってありました。
大阪とは30分~1時間弱くらい日暮れが早い。


2/12 雪まつり翌朝は雪像崩し。
20130212_sapporo.jpg
新千歳に行く前にちょろっと見にいってきました。
崩すのもすごい技術( ゚Д゚ノノ"☆パチパチ

ただいま

2013.02.14.Thu.21:31
最後の北海道帰省から戻ってまいりました。
冬の帰省三度目にして、初めて雪国の大変さを痛感。
雪のない所に引っ越すことにした義両親の気持ちがよくわかりました。


旭川の雪祭りにて。


さて。そろそろ自分の生活のリズムを取り戻していかないと。
来週は歯の矯正の診察にいってまいります(つω-`;)ずーん
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。