スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お、おおぅ・・・

2012.08.14.Tue.09:19
明け方、雷で目が覚めました。
絶え間なくピカピカ光り、山をこだまする花火のような雷の音。
ごおぉぉぉんおんおん・・・って感じ。
遠いようだったので初めはうるさいなーくらいだったんだけど、
終盤になると近いのも混ざって、ちょっと怖かったです。|ω;))))プルプル
1時間以上続いてたんじゃないかな。

さて。
ようやくおさまって外に出てみると、、、あうー冠水してるぅ。
ご近所さんによると、一時はもっと水位が高かったけどだいぶ引いたと。
でもその引いたという冠水具合から今のところ引いてないです。

DSC_0760.jpg

そんな中旦那さんはご出勤なさいました。
わたしはごみ出しと買い出し待機となっています。

DSC_0762.jpg

車、だいじょうぶかなあ?
スポンサーサイト

第23号 カロチーノ石けん

2012.08.13.Mon.11:20
写真手前です。
DSC_0758.jpg


レシピ(300gバッチ)
・ウォールナッツオイル(くるみ油) 53%
・マカダミアナッツオイル 7%
・キャスターオイル  5%
・シアバター 5%
・ココナッツオイル 18%
・レッドパームオイル(カロチーノプレミアム) 12%
・苛性ソーダ DC10%
・精製水 37%

オプション
・ホホバオイル
・ゴートミルクパウダー(少量の精製水で溶かす)
・チェリーFO
・バニラFO

作成:2012年7月15日
解禁:2012年8月15日
型入れ:20分後
室温:29℃
湿度:64%



これも友人へのお試し品として製作。
わたしにとってもお試しで、以前から気になっていたレッドパームオイルを初めて使ってみました。
カロチンやビタミンEが豊富で、傷の修復を助けてくれるとか。
最近はどうも傷跡が残りやすくなってきたのでね。。。効果に期待。

精製水をいつもの37%にしているのは、オプションのゴートミルクパウダーを溶かす際の水分が増えるので。
今回はトレースが出るのが早かったです。
トレースの出やすいオイルは特に使っていないつもり…。
室温も高かったし、撹拌開始時の苛性ソーダとオイルの温度も高めだったからかな。
うーん、よく分かんない(・ω・;A) ラクチンできたからいっか。

解禁前だけど使っちゃいました。
洗い上がりはわたしには重め。完全に冬仕様。なぜだ!(オプションかなあ?)
ただ、時間がたつとこれもしっとりすべすべです。
泡立ちは良好!ふんわり泡でございます(´∀`)
香りはビミョー。



贈りものにしては表面が汚いなー。
包丁だとまっすぐ切れないのでステンレスワイヤーでカットしてるんだけど。。。
次回からはもっと細いワイヤーにしてみようかな。

第22号 緑茶石けん

2012.08.13.Mon.10:40
レシピ(300gバッチ)
・オリーブオイル(緑茶inf) 48%
・アボカドオイル 12%
・キャスターオイル  5%
・アロエバター 5%
・ココナッツオイル 18%
・パームオイル 12%
・苛性ソーダ DC10%
・精製水 38%

オプション
・ホホバオイル
・パチュリーEO
・フランキンセンスEO
・オレンジスイートプレミアムEO

作成:2012年7月9日
解禁:2012年8月9日
型入れ:1時間半後
室温:27~28℃
湿度:60%



イタリアでお世話になる友人が手作り石けんに関心を持ってくれたので、お試しに~と製作。
イタリアの強い日差しを嘆いていたので、シミ対策用に緑茶infオイルを使用。
イタリアの水質や湿度環境なども考えて、水分はいつもより1%多め、オイルは保湿効果の高そうなものを組み込んでみました。

自分の定番より水分が多いためか?それともアボカドオイルのせいか?は分かりませんが、型出しの際いつもより柔らかくてズルズル手がすべりました。
一日おいてカット。この時もやわらかかったです。
乾燥させているうちにいつも通りの固さになってくれたけど(・∀・)

そして先日解禁~。早速使ってみました。
洗い上がりはわたしにはしっとりめ。時間がたつとかなりよいです!
ほどよくしっとり、もちろんスベスベです。
泡立ちは、初めはちょっと控えめかなと思ったけど、使っているうちによくなってきました。
香りは現状強めかな。もう少し抜けてくれるとありがたい。

写真の向こう側が今回の緑茶石けんです。
DSC_0758.jpg
手前は後ほど。

イタリア計画:なぬぅ!?・・・早速修正編

2012.08.12.Sun.19:52
ローマで利用としていた地下鉄ですが、
どうも滞在期間中は一部が工事により不通となっている模様。
 2012.8.11~8.25
 地下鉄A線:テルミニ駅~オッタヴィアーノ駅間

テルミニ駅は宿泊するホテル、オッタヴィアーノ駅はヴァチカン市国があります。

というわけで早速あたふたと調べました。

代替えのバス(MA5)がきちんと走るようです。ホッ
そして乗り場地図を印刷。
降りるときに駅名を聞き逃さないように注意しなくちゃです。

ついでに、一般のバスも使えるかも?と、検索してバス番号一覧を印刷しておきました。
使うことはないだろうけど。
↑バス停まで把握する能力はない( ー`дー´)キリッ


ま、地下鉄の代替バスなら駅を周っていくわけだから、
間違う可能性も少ないと思います。多分…
このバスが使えるなら観光計画にも変更なしでいけそうです。

イタリア計画:観光編

2012.08.10.Fri.23:58
さて。観光計画でございます。

わたくしの諸事情により、マルケは友人に任せっきりとなってしまいました。
まぁ主要観光地からは外れるエリアであり、調べるのに難があったとは言え、、、これは反省点です。
だけど、現地を知る人の案内と思うと頼りになりますし心躍りますね!
(↑開き直りの術!!)
基本情報はこちら
マルケは、友人が計画してくれている観光地の資料を出発までに集めておくつもり。
帰ってからも思い出しやすいですしね。


そしてローマです。
アンコーナからローマへ発つと頼れるのは自分自身。旦那さんと二人でがんばらなくちゃです。
主人はイタリア初、わたしは3度目ですがローマは初イタリアの際に流し程度に見たくらいです。
なので有名どころを多少はゆっくり周れたらいいなと計画しました。
しかし実質2日。効率性を考えようとあたまを悩ませたのであります。

参考にしたのは、数年前の地球の歩き方とこちら

●ローマ到着日●
テルミニ駅到着は18時半。
先にチェックインを済ませてから、ポポロ広場~アウグステゥス帝の廟~スペイン広場

●ローマ2日目●
オスティア・アンティカ~カラカラ浴場~真実の口~フォロ・ロマーノ~凱旋門~コロッセオ

●ローマ3日目●
ヴァチカン市国/サン・ピエトロ寺院~クーポラ~サンタンジェロ城~ナヴォーナ広場~パンテオン~トレヴィの泉

地下鉄(75分有効:1.5ユーロ、1日有効:6ユーロ)と自分たちの足を駆使してがんばるつもり。
食事や買い物に関してはもう行きあたりばったりで。
晩はスーパーで軽く買って、ホテルでだらりんと飲み食いできたらなぁと思っています。


さてさて。どの程度計画を達成できますかね・・・。
迷うことは必至でしょう。それは覚悟の上。
古代ローマを回想できたらそれだけでいい・・・と思うわたくしであります。



ちなみにですが、ローマ観光をするにあたり、はじめは周遊バスで検討していました。ラクチンだし治安のことも考えて。
ただですね・・・これも運なのかもしれませんが、
使ったことのある友人曰く、まずバスが定刻通りにこない(これは電車も同じ!?)、営業時間内なのに乗せてくれない、せっかくの日本語音声ガイド付なのに壊れてる、、、などなどの経験をされたそうです。
よって、どうせアテにならないのなら時間的にも経済的にもメリットのある地下鉄を利用した方がいいとの助言をいただきました。
なので、今回は地下鉄+徒歩でがんばります!

イタリア計画:移動編

2012.08.10.Fri.23:31
今回のイタリア旅行に関しては2月から放置してたんですね。
なんだかんだとあっという間に時は過ぎ、いよいよ来週出発です!!

現地でお世話になる友人に尽力により、個人旅行の準備がやっと終わりました。
自分の覚書として記しておこうと思います。

●全体の旅程●
友人夫妻のいるマルケ6泊、その後ローマへ移動しローマ3泊。
計9泊11日の日程です。

●空路●
最短の乗換えを優先して考えた結果、飛行機はアリタリアで。
評判はイマイチだけどロスバゲ回避に一番いいと考えました。
 往路:関空→ローマ/フィウミチーノ空港→アンコーナ/ファルコナーラ空港)
 復路:ローマ/フィウミチーノ→関空
なお、当初はアリタリアで直接航空券予約をしようと思っていたのですが、
(日本ではあまりあり得ないことだと思うのだけど)予約画面を進んでいってもエラーが出てしまうのです。
そしてアリタリアに電話しても常駐していないのか?電話しても出ないこと数回。
よって、何かあった際の対応にも期待できないかもと思い、
JTBのとんじゃおデスクで予約してもらうことに。とても親切丁寧です。
(手数料は往復空路2人分でで4200円でした)
-4月末手配完了-

●アンコーナ~ローマ●
友人宅でお世話になった後、旦那さんとローマへ。
成り行きで移動すればいいのではと考えていたのですが、
アンコーナ(というかアドリア海側)は列車にしてもバスにしても交通の便が決してよろしくはないよう。
そして、ちょうどTrenitaliaで格安のチケットが発売されているとの知らせを聞き、予約にチャレンジしました。
(アンコーナ~ローマ・テルミニ駅まで通常インターシティのクラス2で29ユーロ。それが9ユーロでした!!)
-6月末手配完了-

●空港バス:出発の日●
これは寝屋川市駅~関空のリムジンバスを予約。
(近隣の守口市駅から出ているものが便もあり、こちらの方が便も多いのですが、予約ができないとのことで断念)
-8月初手配完了-

●空港バス:帰国便の日●
そして帰りのローマ~フィウミチーノ空港まで。
これも友人が情報を提供してくれました。
もちろんテルミニ駅~フィウミチーノ空港までの列車はあるのですが、
列車よりも安価(7ユーロ)で、時間の差異もさほど感じない、アリタリアのエアポートバスというものがあるとのことを知り、予約しました。
-8月初手配完了-

●宿泊ホテル●
マルケでは友人宅に泊めていただける(感謝!)ので、ホテル手配はローマのみ。
ローマでの3泊分は、友人推薦の Hotel Nord Nuova Roma にしました。
交通の拠点であるテルミニ駅にも近く、分かりやすいところにあるようです。
予約ですが、JTBとんじゃおデスクに見積りを依頼した際、
手数料が3泊2名分で1050円だったため、航空券と一緒に予約してもらいました。
-4月末手配完了-


観光計画へ続く。

はーはーぜーぜー

2012.08.10.Fri.18:29
前回の記事が6月とか・・・ヽ(゚Д゚;)ノ!!

その間、写真がたまっていく一方であります。
いったいわたしは何をしていたんでしょうかww
思いだすのに必死でございます。

さて。来週からイタリアへ行ってきます。
その準備がわたしにとっては苦難だったわけであります。
自分の覚書程度に近日中にうpするつもり(・∀・)


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。