スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/25 帰国の途へ

2013.07.06.Sat.19:50
朝シャワーを浴びて目覚まし。イタリアの水ってホント冷たくて気持ちよい。
肌の調子もずっとよかったんだよね。イタリアの水はわたしに合っているのかもしれない。
それはさておき。荷造りを済ませました。


よい部屋でした。お世話になりました。



アリタリアのエアポートバス乗り場へ着くと、わたしたちは一番乗りだったようです。
エンジンを切っているバスの中は暑いので、外で待つことに。
20120825_2.jpg
すっごい狭そうなところもスイ~っと通っちゃう運転手さんすてき。
フィウミチーノ空港到着すると…( ゚д゚)ハッ! 主人がバスに忘れ物を。。。
すぐに思い出してよかった。運転手さん、出発寸前だった。さすがに焦った。


さてさて。大阪への便は遅延が起きているようでした。3時間半。
こんなことならフォロ・ロマーノが少しは見れたんじゃね!?な~んて思いながらもそういうわけにいくはずもなく、空港内を散策して時間をつぶしました。

あ、そうだ。これも旅の思い出。
スーツケースの片方が重量オーバーの指摘。スルーしてもらえませんでした。
もう片方が少し軽めだったので、そっちから載せればよかったかもと後から思ったのだけど既に遅しです。
言い訳する術もなく、わたしたちは二つのスーツケースをどっかーんと開け、空いてるカウンターの重量計を勝手に使いながら調整。
汗だく作業を終え、ようやくチェックインしたのであります。
アリタリアカウンターの女性がなぜか『ここおいしいよ』とメモをくれたのだけど、そのお店はなぜか見つけられず終いでした(_ _。)シュン


あとは飛行機に乗るだけ。
最後に、名残惜しむようにサルシッチャをいただきました(写真左上:なんかステーキみたいだね)。
それと、往きの乗換えの待ち時間にとオススメされたVENCHI(ヴェンキ)のジェラート、もちろんおいしくいただいたわけですが、
そのVENCHIはそもそもはチョコレート屋さんだそうで。
ムフ、見つけました!ショップ(・∀・) お土産も含め、いくつかゲット(写真右上)。
20120825_3.jpg
更なる遅延はなく、無事に搭乗。さようなら(*;д;)ノ~~


本当に楽しかった。
また行きたいです。



旅行記が随分と遅くなってしまったにもかかわらず読んでいただき、どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

8/24 伊旅の終止符はコロッセオ

2013.07.06.Sat.18:17
ローマ代表、コロッセオ~!コンスタンティヌスの凱旋門~!
お、大きいです・・・。



先にフォロ・ロマーノを見ようと向かったのですが、
わたしたち、入口を間違えたみたい。。。
教えてくれたまたまたドイツ人らしき人、ありがとう(´;ω;`)ブワッ
20120824_roma11.jpg
時間を押していたため、外観からのみの見物となりました。
いつかリベンジします。


そしてコロッセオ。中に入るのはお初です。
20120824_roma12.jpg
20120824_roma13.jpg
(恐ろしい娯楽が行われていたことは隅においといて、、、)
ここに水を張ったこともあるんだ~とか想像して見物しました。
舞台下にあったと思われる控室のようなもの等、たくさん仕切られていました。


この日はあまりに写真を撮り過ぎて、ここでカメラのバッテリーが切れてしまいました。
有終の美は心に焼き付けました。


つづく

8/24 パンテオン

2013.07.06.Sat.17:50
おなかも程よく満たしたし、水分補給も出来たし。
お次はパンテオンです。ナヴォーナ広場から近いです。

20120824_roma6.jpg
まるい天窓から入る光が神秘的でした。
地球の歩き方で確認すると、天窓は直径9mもあるそうです!


ここにもローマ兵。
20120824_roma7.jpg
正面からより側面後方からの写真の方が偉大さが分かるでしょうか。


トッレ・アルジェンティーナ広場そばにあるバス停まで来たのですが、炎天下で待つのが辛く、また歩く。
20120824_roma8.jpg
こけし見つけたよー。
ヴェネツィア広場付近で日陰のバス停発見。ここで乗車し、ホテルへ戻りました。
ここでまた単車軍団に遭遇。なんかおもしろい。


おまけ。
ホテルのロビーラウンジはこんな感じ。
20120824_roma9.jpg
いちいち素敵だな、このやろー!!笑


つづく

8/24 ナヴォーナ広場まで歩きます

2013.07.06.Sat.17:03
ヴァチカンを後にし、ナヴォーナ広場まで歩いて移動します。

その道中。
まずはサンタンジェロ城へ向かう。



サンタンジェロ橋及びサンタンジェロ城。テレビでよく見かけますね。
20120824_roma3.jpg
橋を渡るとテヴェレ川沿いは日陰ひゃっほーい。
最高裁判所があるところで曲がって歩いていると、来ました単車軍団。
排気ガスがすごかった笑。


ナヴォーナ広場到着。ここで軽くお昼です。
20120824_roma4.jpg
旅行中ずっとお世話になっていたエビスビールの団扇のおかげで、イタリア人との会話チャンス到来。
日本のビールならアサヒを知ってる、おいしいよね!とのことでした。


わたしは見えなかったけど、青年が逃走していったらしい。
するとすぐにパトカー(なのかな?)が来た。だからか笑。逃げ足早過ぎ。
20120824_roma5.jpg

以上、細長~い広場でした。


つづく

8/24 ヴァティカーノ~

2013.07.06.Sat.16:04
朝食後エレベーターで一緒になったスタッフさんとイタリア語で会話できたことにゴキゲンなわたくし。
この日の午前はヴァチカン市国へ。

ちなみに宿泊ホテル。
ホテル前には真っ赤な単車と車。映えますね。

40番の快速バスに乗ってゴー!ラッキーなことに座れました。


どーん!!
20120824_vaticano1.jpg
20120824_vaticano2.jpg
20120824_vaticano4.jpg

博物館は予定に入れず、大聖堂だけでも入れたらなと思っていたのだけど、
暑さで、待つのイヤ!並ぶのイヤ!→サン・ピエトロ広場のみです。
だがしかし。ヴァティカンも2度目なわけですが、こんなに迫力あったっけ!?!?といった具合です。
わたしの写真ではなかなか伝わらないのが残念です。
日陰を探して休みつつ、偉大さを堪能したのであります。


これこれ。有名なやつ!
広場を囲む円柱が4重に立てられている(画像一枚目)のだけど・・・
20120824_vaticano3.jpg
広場にあるまるい敷石(画像二枚目)に立つと、なんと!1本の円柱に見える!!(画像三枚目)ってやつです。
むかしの建築家さんすごい。


つづく

8/23 迷子リベンジ@ローマ

2013.07.01.Mon.12:52
オスティア・アンティーカからの帰り、コロッセオ駅で降りました。
降りてちょっと下見しただけ。1日乗車券買ってるしね。

こんなにでかかったっけ!?!?と圧倒されつつ、観光は翌日のお楽しみに。


ホテルに戻ってシャワーを浴び、リフレッシュ。
ひと休憩すると日中の暑さが和らぐ時間になりました。
再出発は徒歩!


向かった先、まずはトレヴィの泉です。
20120823_roma3.jpg
ん~、すごい人でした!
どうにかこうにか人込みをかき分けて写真だけぱちり。
後ろ向きでコイン投げるやつ、すっかり忘れてました。


初めてイタリアに来たとき(ツアー)に、たしかここまで連れてきてもらいその後解散したような。
迷った記憶がよみがえる。。。



続いて向かった先はスペイン広場。
20120823_roma4.jpg
こちらは人が多くても広さがあるおかげでゆっくり休めました。
スペイン階段を上がったところにあるトリニタ・デイ・モンティ教会前の広場から眺めるサンセットは素晴らしかったです。
歩いてみようと思っていたコンドッティ通りはパスし、ホテルへ戻ることに。


地下鉄A線沿いのバルベリーニ駅まで来ました。
ここで力尽きる。おなかの調子が悪くなってしまいまして、急遽バールを探すハメに。
緊急を要するときに限ってなかなか見つからないものですよね…。
でもなんとか間に合いました(´ー`A;)アセアセ
20120823_roma5.jpg

で、徒歩を諦めバスで帰ることに(地下鉄はA線の不通区間であったため)。
バスはお初だったので少々緊張したのだけどなんてことなかった。
なんてことなかったけど・・・・・過酷だった!
ぎゅうぎゅう詰めの車内にぐいぐいと割り込み、エアコンなんてあってないようなもので汗だくでした。
多分ドイツ人らしきお方がポールを持たせてくれるスペースを作ってくれて、旦那窮地を免れる。
この車内もう限界~!ってところで降りたのは、幸いホテルまでもう少しのところでした。
てかさぁ、バスって乗車時も降車時も切符関係ないやん!(´∀`;)えっ
乗って降りるだけという日本では考えづらい、ある意味新鮮な光景を目の当たりにしたのでした。

そうそう。日本の家族や友人に向けて送ったアッシジのポストカードはローマから投函いたしました。


ホテルに戻り、いったん涼んでから夕飯調達へ。
ビールはCONAD(売ってある海外ビールの制覇を試みるがさすがに無理だった)、食べ物はマクドナルドでテイクアウト。
マクドナルドでは、ナゲットにソースはついてないし、オレンジジュースがコーラだし笑。
ご愛嬌ってことでスルーできたのはわたしがゴキゲンだったからです。
この晩も部屋でゆっくり飲み食いし、早々に就寝しました。


この日は日本語で話しかけてくれる人が多かった。大観光都市だから当たり前といえば当たり前かもしれないのだけど、やはりうれしい。
頻繁にホテルを出入りするせいかフロントクラークの人が部屋番号を覚えてくれました。これまたうれしい。
これがゴキゲンな理由でした*:.。☆..。.(´∀`人)
それに道に迷わなかったしね!リベンジ成功☆


観光より旅の一コマばかりだねぇ(´ー`A;)
つづく

8/23 オスティア・アンティーカ

2013.05.02.Thu.12:00
見学にあたり、これまた伝授いただいたローマ市公式観光サイトコチラを印刷して持っていきました。
地球の歩き方にも紹介はされているけどほんの少しだけだったので、これは大いに助かりました。


思っていた以上にオスティア・アンティーカの古代遺跡は広かった!
一気にupします。


Terme di Nettuno(ネプトウヌスの浴場)



Teatro(劇場)他
20120823_ostiaantica2.jpg


Thermopolium(居酒屋さん)他
20120823_ostiaantica3.jpg


Capitolium(カピトリウム/神殿)他
20120823_ostiaantica4.jpg


一番奥まで到着して水分補給。
帰りは外側のアスファルトの道を歩きました。
20120823_ostiaantica5.jpg
帰りの電車はきれいで、なんと!冷房オアシス!!


いや~、すごく見応えがありました。ここはピクニックできますね。
古代ローマ時代の遺跡に座ったり寝転んだり。日本だったら怒られそうです。
木や建物なんかがあるおかげで影があり、ちょこちょこと涼みながら周りました。
2時間以上は費やしたでしょうか。
お昼を過ぎてしまったので傍のカフェテリアで軽く食事。
駅までの松の並木道、落下した松の葉が主人の頭に刺さって笑ったのはいい思い出。


つづく

8/23 オスティア・アンティーカへ向かう

2013.05.02.Thu.10:43
昨夏のイタリア旅行記、気づけば9か月が経とうとしている。。
集中して思い出さなくては!



朝の一枚。宿泊ホテルから。

Bettoja Hotel Nord Nuova Roma
mさんに紹介してもらったホテルです。
テルミニ駅にもレプッブリカ駅にも近い便利な場所に位置しています。
ホテルの方々も感じよかったです。冷房もきちんと機能してました。


ローマ観光1日目はローマ中心を少し離れ、古代遺跡のあるオスティア・アンティーカへ。

まずは、自分にとって大冒険の電車。
地下鉄・バスの共通券(1日券のBIGにしました)を、持参した資料片手に購入。
緊張して臨んだわりに簡単だった笑。
20120823_2_ostiaantica.jpg
↑地下鉄B線のラウレンティーナ行きに乗り、ピラミデ駅で下車。

↓隣接するオスティア・リド線のローマ・ポルタ・サン・パオロ駅へ移り、
  ぎょっとするような電車でオスティア・アンティーカ駅へ。
20120823_3_ostiaantica2.jpg
この電車内は少々怖かったです。物乞いの人に話しかけられるし、トンネル通過中は真っ暗だし!
気を張って周囲を見張るために、電車内でのカメラは控えました。。


つづく

8/22 マルケ~ローマへ

2013.03.03.Sun.10:30
この日はローマへの移動日。朝からせっせと荷造りをしました。
思いの外、スーツケースがパンパンに(・ω・;A)アセアセ…

マルケ最後のお食事はmさん宅でランチ。サラダのような冷製パスタ、わたくしお気に入りのにんじんコリコリ、それにティラミスでございま~す♪
ごちそうさまでした!



アンコーナ駅まで送ってもらい、その上乗車する電車までお見送りしてもらいました。いよいよ独り立ちです。
pさん、mさんにおんぶにだっこはこれにて終了。ふんどしの紐を締め直して気を張らなくては(`・ω・´)
20120822_2_sta ancona
電車はtrenitaliaにて事前に予約。早割というものでしょうか、クラス2で片道29ユーロが9ユーロにて手配できました。


忘れもしない電車移動。車両に入って早々戸惑いが。
予約時の座席表で思い描いていた2列ずつの座席ではなく、なんていうんだろう?3列向かい合せで一つの部屋に仕切ってあるようなタイプの座席。そして我が番号の席にはどっしり体格のいい女性が座っている…
20120822_3_a roma
自分たちが間違っているのかと他の座席を見にいったりしましたが、まぁよくあることのようですね。
んんん??と戸惑ってチラチラ見ていると、その人どこかへ行っちゃった。
で、安心して座ったのはよいのですが、、、エアコンがまともに効かず、ドアも閉めてしまうので暑い。暑い。。暑い!!!
ここで第3回目の熱中症状態です。(ちょっとトラウマ
ミネラルウォーターを買っておこうと思っていたのですが、うっかり忘れていたのは大失態でした。
途中でドアは開けたものの、特に涼しくなるというわけでもなく、ローマ到着まで内輪をフル回転です。腕の疲れなんて感じない。
防犯上、絶対に寝ないように忠告を受けてはいましたが、寝ていないと(目をつむっていないと)やり過ごせない暑さでした。
もうダメ~と思ってしまうと本当にヘタってしまいそうだったので、気を紛らわし紛らわし。
『ローマ、テルミニ』の文字が見えた時の安堵感と言ったらもう…笑。
電車を降りて自販機を見たときは、砂漠にオアシス!のような感動でした。
でもホント、よい経験となりました。またの機会の時は対策ばっちしで臨みます☆

ちなみに、乗車後少しして危機感を感じた主人がトイレやお店なんかを探しに他車両をパトロールし、クラス1の車両だとエアコンがきちんと効いていたそうです。最悪の事態のときはそちらで少し休めるかも。
検札はたしか2回くらい来られたかな?その時に事情を説明する余裕があればそれが一番ですね。
幸いわたしたちの座席の部屋は計3人しかいなかったので、互い違いに座り、向かい側に足をのばしてラクチンな姿勢でいれたのでよかったです。


到着後チェックインを済ませ、少し休んでから、帰国日に使うアリタリアエアポートバスの乗り場の確認へ。
R0013665.jpg
この画像では分かりづらいですね。。。
テルミニ駅の北東側のマルサーラ通り(シラクーサホテル 及び バールトロンベッタ前)にきちんとありました(・∀・)
これも事前に予約。アリタリアの航空券があれば7ユーロで利用できます。電車よりラクチンでよかったです。


つづく

8/21 夜はロレート

2013.02.22.Fri.19:53
帰宅後、ティラミスの作り方を伝授してもらう(・∀・)ニャッハー
そしてマルケでの最後の晩餐はピアディーナをご馳走になりました☆
トマトやモッツァレラを巻いて。チャウスコロも思い残すことなく~。

20120821_ultima cena in marche
ティラミス”tiramisù”は、
・tirare→tira(引っ張る)
・mi(私を)
・su(上へ)
から成り、『私を引っ張り上げて』⇒要するに『私を元気づけて』という意味合いがあるそうです。なるほど~!
帰国後挑戦しました。
おいしかったけどねぇ…クリームの生地がゆるゆるになってしまい、凍らせていただくことに(;´д`)トホホ…



夕食後、ロレートへ。
ロレートは二度目ですが、なんと!パイプオルガンのコンサートがあるとのこと!!
こんな機会、なかなかありませんぞぅ♪

20120821_loreto1.jpg
20120821_loreto2.jpg
しかし・・・なんということでしょう。
世界中から巡礼者が訪れるというところで来伊二度目の熱中症の症状が。
たくさんの人が聴きに来られていたし、教会の中に暑さがこもっていたのもあると思うけど。
せっかくのコンサートだったのですが、外に出て涼むことに。
教会のドアは開け放たれていたので、パイプオルガンの音は聞こえてきました。
でもこれは悔やまれるよねぇ。。。
落ち着いた後、回廊を歩いて広場を見下ろしてみたり、ロレートから周りの町を眺めてみたり。未開のロレートを堪能することができました。
あと、ロレート教会のクーポラ、なーんか…かわいらしいんです。海側の道路からも見えるのだー。


つづく
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。