スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第23号 カロチーノ石けん

2012.08.13.Mon.11:20
写真手前です。
DSC_0758.jpg


レシピ(300gバッチ)
・ウォールナッツオイル(くるみ油) 53%
・マカダミアナッツオイル 7%
・キャスターオイル  5%
・シアバター 5%
・ココナッツオイル 18%
・レッドパームオイル(カロチーノプレミアム) 12%
・苛性ソーダ DC10%
・精製水 37%

オプション
・ホホバオイル
・ゴートミルクパウダー(少量の精製水で溶かす)
・チェリーFO
・バニラFO

作成:2012年7月15日
解禁:2012年8月15日
型入れ:20分後
室温:29℃
湿度:64%



これも友人へのお試し品として製作。
わたしにとってもお試しで、以前から気になっていたレッドパームオイルを初めて使ってみました。
カロチンやビタミンEが豊富で、傷の修復を助けてくれるとか。
最近はどうも傷跡が残りやすくなってきたのでね。。。効果に期待。

精製水をいつもの37%にしているのは、オプションのゴートミルクパウダーを溶かす際の水分が増えるので。
今回はトレースが出るのが早かったです。
トレースの出やすいオイルは特に使っていないつもり…。
室温も高かったし、撹拌開始時の苛性ソーダとオイルの温度も高めだったからかな。
うーん、よく分かんない(・ω・;A) ラクチンできたからいっか。

解禁前だけど使っちゃいました。
洗い上がりはわたしには重め。完全に冬仕様。なぜだ!(オプションかなあ?)
ただ、時間がたつとこれもしっとりすべすべです。
泡立ちは良好!ふんわり泡でございます(´∀`)
香りはビミョー。



贈りものにしては表面が汚いなー。
包丁だとまっすぐ切れないのでステンレスワイヤーでカットしてるんだけど。。。
次回からはもっと細いワイヤーにしてみようかな。
スポンサーサイト

第22号 緑茶石けん

2012.08.13.Mon.10:40
レシピ(300gバッチ)
・オリーブオイル(緑茶inf) 48%
・アボカドオイル 12%
・キャスターオイル  5%
・アロエバター 5%
・ココナッツオイル 18%
・パームオイル 12%
・苛性ソーダ DC10%
・精製水 38%

オプション
・ホホバオイル
・パチュリーEO
・フランキンセンスEO
・オレンジスイートプレミアムEO

作成:2012年7月9日
解禁:2012年8月9日
型入れ:1時間半後
室温:27~28℃
湿度:60%



イタリアでお世話になる友人が手作り石けんに関心を持ってくれたので、お試しに~と製作。
イタリアの強い日差しを嘆いていたので、シミ対策用に緑茶infオイルを使用。
イタリアの水質や湿度環境なども考えて、水分はいつもより1%多め、オイルは保湿効果の高そうなものを組み込んでみました。

自分の定番より水分が多いためか?それともアボカドオイルのせいか?は分かりませんが、型出しの際いつもより柔らかくてズルズル手がすべりました。
一日おいてカット。この時もやわらかかったです。
乾燥させているうちにいつも通りの固さになってくれたけど(・∀・)

そして先日解禁~。早速使ってみました。
洗い上がりはわたしにはしっとりめ。時間がたつとかなりよいです!
ほどよくしっとり、もちろんスベスベです。
泡立ちは、初めはちょっと控えめかなと思ったけど、使っているうちによくなってきました。
香りは現状強めかな。もう少し抜けてくれるとありがたい。

写真の向こう側が今回の緑茶石けんです。
DSC_0758.jpg
手前は後ほど。

第21号 日本酒石けん

2011.04.05.Tue.14:14
久しぶりの石けん作り。
暖かくなると作りたくなるのよね。
酒好きは一度は試さねばならぬ、日本酒石けんに初挑戦(`・ω・´)

レシピ(300gバッチ)
・椿オイル 40%
・オリーブオイル 20%
・キャスターオイル  5%
・シアバター 5%
・ココナッツオイル 18%
・パームオイル 12%
・苛性ソーダ DC10%
・水分 37%(日本酒85%+精製水15%)

オプション
・ムスクFO テケトー

作成:23年4月1日
解禁:23年5月1日
型入れ:20分後
室温:23℃
湿度:45%



白い石けんを作りたくて椿オイルをメインで挑戦してみたのだけど、
苛性ソーダを日本酒で溶かすと見事なオレンジ色に…(´・ω・`)

R0010523.jpg


でもね、保温中にオレンジは抜けてやさしいクリーム色になってた(´∀`)



わたしの石けんにありがちな白いプツプツ。。。
気になるけど、多分シアバターがきちんと溶けきれてなかったのかなと。
苛性ソーダだったらカットする時にジャリジャリするんだよね?それはなかったから大丈夫なはず。

解禁楽しみにしつつ、次作レシピを考え中なのでする((o(´∀`)o))ワクワク

第17号 ヘーゼルナッツミルク

2008.06.12.Thu.11:13
作ってたのをすっかり忘れてた! 既に解禁済み。

これまで、欲張りでいろんなオイルやオプションをごちゃごちゃ入れて作っていました。
が、基本的なオイルの特質を知っていくためにシンプルなレシピで作ってみよう!ってことで、同配合・同オプションで比較石けんを作ろうと考案。
ナッツ系のオイルが揃ってるのでナッツ三昧で実験してみたいと思います。

今回はヘーゼルナッツ。
ヘーゼルナッツオイルは、皮膚の再生を助け、老化防止効果があるそうです。
P1080409.jpg
自然なアイボリー色がうれしい◎

レシピ(300gバッチ)
・ヘーゼルナッツオイル 67%
・キャスターオイル  5%
・ココナッツオイル 18%
・パームオイル 10%
・苛性ソーダ DC10%
・精製水 37%

オプション
・ゴートミルクパウダー 小さじ1
・フランジュパニFO 50滴

作成:20年5月8日
解禁:20年6月8日
型入れ:2時間半



ソフトオイルをマルセイユ配合で作ってみました。
ミリスチン酸・ステアリン酸の力を借りずにトライしたため、トレースが出るまで長いんだろうな~と覚悟して臨みましたが、意外に2時間程度で型入れ。
調べてみると、ミルク系を入れるとトレースが早くなるらしい。

使用感はまた後日。

ムフフ

2008.05.02.Fri.14:22
たまたま目に留まってしまったマスキングテープ。
どうにもこうにも後ろ髪を引かれるので購入。
P1080067.jpg


用途はさまざま。
わたしは解禁になった石けんの包装に使用。
P1080068.jpg
下手です(* v v)。

第16号 炭ハニー

2008.04.09.Wed.06:36
暗黒ラベンダーに続くはずかしい出来。

16号炭ハニー


レシピ(300gバッチ)
・サンフラワーオイル(ラベンダー浸出) 40%
・マカダミアナッツオイル  25%
・ココナッツオイル 15%
・パームオイル 15%
・ココアバター 5%
・(ステアリン酸 3%)
・苛性ソーダ DC10%
・精製水 37%

オプション
・ラズベリーはちみつ 小さじ1
・パチュリーEO 25滴
・グレープフルーツEO 20滴
・ラベンダーEO 20滴
・炭パウダー 少量(マーブル用)

作成:20年4月3日
解禁:20年5月3日
カット:20年4月8日



~反省会~
表面だけにマーブル模様を入れようとしたのだけど、
炭生地が多かったのかほぼ黒で埋まってしまった。
それから、保温中の温度が低かったため表面が白っぽく。。。
あと、茶色のつぶつぶ。これははちみつです。
少々固形化してたものを強引に入れたため、溶けきらなかったみたい。
ありんこが来たらどうしよう
撹拌時はきれいなピンクだったけど、はちみつのせいか?保温中に変色したのか?
オレンジ色に近い色に。

今回もまた反省だらけ。
まだまだ精進が必要です。

第15号 ベビー石けん(練習用)

2008.04.01.Tue.16:07
先月、イトコに待望のベビーが誕生☆
お祝いにどうだろうと作ってみました。

15号ベビー石けん


レシピ(300gバッチ)
・オリーブオイル(カモミール浸出) 25%
・精製アボカドオイル 20%
・スウィートアーモンドオイル 20%
・ココナッツオイル 17%
・パームオイル 13%
・キャスターオイル 5%
・(ステアリン酸 3%)
・苛性ソーダ DC10%
・精製水 37%

オプション
・ホホバオイル 小さじ1

作成:20年3月27日
解禁:20年4月27日
型出し:20年3月31日
カット:20年4月1日



これまたやさしいお色。こういう色、だいすきです。
でもこれはお祝い練習用となりました。。。
というのも、注意不足でココナッツオイルの割合が当初の計画より少し多くなってしまったのだ。
(ドポっと出ちゃった…)
あと、表面の白いプツプツが気になります。
なもんで自宅用(_ _。)・・・シュン
でも、カット時にしっとりしそうな石けんだなぁという印象がありました。
来冬まで冷蔵庫熟成しようかしら。。。

第14号 アロエ

2008.04.01.Tue.15:51
前から作ってみたかったアロエ石けん。

14号アロエ


レシピ(300gバッチ)
・椿オイル 35%
・マカダミアナッツオイル 30%
・ココナッツオイル 15%
・パームオイル 15%
・キャスターオイル 5%
・(ステアリン酸 3%)
・苛性ソーダ DC10%
・アロエベラジュース 37%

オプション
・アロエバター 小さじ1
・モザイク用石けん(コレ) 適量
・ラベンダーEO 25滴
・ローズゼラニウムEO 20滴
・ローズウッドEO 20滴

作成:20年3月26日
解禁:20年4月26日
型出し・カット:20年3月31日



憧れのピンク色になりました~♪
撹拌開始後はピンクというより肌色っぽい色味でしたが、
5日後カットしてみるとやさしいピンク色になってくれてました◎
o(・∇・o)(o・∇・)o ヤッター!
香りは、『お風呂の愉しみ』メルマガのvol.168で紹介されていた”野花のかご”をまねてみました。
解禁が待ち遠しくてたまりません☆

第13号 暗黒ラベンダー

2008.03.26.Wed.18:19
ラベンダーと名乗るのは気が引ける、悪そーぅなラベンダー石けん。
llllll(-_-;)llllllずーん
笑わないでね…( p_q)

P1070461.jpg


レシピ(300gバッチ)
・米油 35%
・サンフラワーオイル(ラベンダー浸出) 30%
・ココナッツオイル 15%
・パームオイル 15%
・キャスターオイル 5%
・(ステアリン酸 3%)
・苛性ソーダ DC10%
・ラベンダーティー 37%

オプション
・メンソールクリスタル 5g(1.5%強)
・珊瑚パウダー 2g
・ラベンダーはちみつ 小さじ1
・ウルトラマリンバイオレット
・ラベンダーEO 30滴
・グレープフルーツEO 分量忘れ
・ローズマリーEO 分量忘れ

作成:20年3月25日
解禁:20年4月25日



今回は反省点だらけの石けん作り・・・(ノ_< ;)
まず、米油のトレースの早さをあまくみていた。
空気を抜くことさえできないモッタリ生地になってしまいました。
なのでカット面がプツプツなってます。
次使うときは少量にしよう。
それから着色。
トレースの出た生地に混ぜていく作業に疲弊。
結局またダマになってるし…。
カラーラントはもう使わない!自然のままの色がいい!
と思いながらやったが、一日たって反省。
次回は撹拌前のオイルに溶かしてやってみる。
(これでもうまく混ざらなかったら着色はもうやめよう…)
あと、初めて水分をハーブ抽出したものでやってみた。
苛性ソーダを入れると赤茶けた色になり、この色がベースになってしまった。
淡い紫色の石けんにしたかったのに、赤茶色と紫が混ざり妙な色に。
んでもって更に紫に近づけようとカラーラントをどんどん増やしていくと
ついには画像のような暗黒の石けんとなってしまった。
ε-(ーдー)ハァ
色なんてつけようとしなければよかった。。。

これからの季節用にと、ラベンダーづくしでメンソールの効いたスッキリ爽やか石けんを目指したのですが、
どうみても見た目は(ー_ー )ノ" パス
そもそも当初のネーミングは『ラベンダーの海』で、そのために珊瑚パウダーを入れてみたんだけど。。。
こんな仕上がりになったばかりに…残念無念!
今のところ香りは◎
いったいどんな石けんになってしまうのだろう。
違う意味で解禁が楽しみですなヽ(;▽;)ノ

わたしへの慰めの言葉。
失敗は成功のもと!

第12号 いちごオレンジ

2008.03.21.Fri.21:46
約9ヶ月ぶりの石けん作り。
グルグルグルグル(@-@)(-@ )(@ )( )( @)( @-)(@-@)メガマワルー

P1070332.jpg


レシピ(300gバッチ)
・サンフラワーオイル(オレンジ浸出) 40%
・オリーブオイル 25%
・ココナッツオイル 15%
・パームオイル 10%
・ココアバター 10%
・(ミリスチン酸 3%)
・苛性ソーダ DC10%
・精製水 37%

オプション
・ゴートミルクパウダー 小さじ1
・二酸化チタン 小さじ1
・2/3量=ローズクレイ 小さじ1
・ストロベリーFO 30滴
・バニラFO 10滴
・スウィートオレンジEO 50滴

作成:20年3月18日
解禁:20年4月18日



う~~~!またもや二酸化チタン…( ´△`)アァ-
生地のベースを白くしたくて入れたのだけど、
まだまだ混ぜ方が足りなかったのね…いっぱいダマが。。。
それがなければ見た目は◎
アイスっぽくしてみたかったのだ。
見えづらいけどクリーム色とピンクのレイヤーになってます。
ストロベリーとオレンジであまったるい香り。
解禁までもってくれるといいけどな♪
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。